弔問時の服装

 ご葬儀の打合せをする前や後に「どんな服装で来たらいいでしょうか?」という質問を受けることがあります。
まず、亡くなられてからすぐにされるのが仏教なら枕経、臨終勤行。神道なら枕直しという業があります。その時は、まだすぐのことなので普通の服で構いません。御数珠は無くても構いません。神道は特に必要なものはありません。
 お通夜(神道であれば通夜祭、みたまうつし)では出来ればフォーマルな黒服がよろしいですが、黒っぽい服でも構わないです。ただ宗教者(住職、神官)の指示もあるところもありますので、「黒っぽい」では駄目な場合もありますのでご注意下さい。
 ご葬儀(神道であれば神葬祭、告別式)これはフォーマルな黒服です。
また、ご葬儀の時によくあることですが、仏教が多い世の中ですが、神道で行うところもありますので、訃報を受けたときは宗派を聞くと行ったときに困らなくて済みます。
 仏教でいう香典は神道では「御玉串料」(おたまぐしりょう)、キリスト教では御花料(おはなりょう)という名目を金封に書きます。神道では白黒の水引(まいてある紐のこと)は白黄色の水引もしくは銀色の水引の物を使用します。
 分からないことは私共おおすみの者にお尋ねください。お役に立てることが我々の幸せです。

葬儀挨拶